2月
2016

結婚指輪の持つ意味

実はこれまで結婚指輪はある程度決まっているもので、それぞれの個性などはあまり無いと思っていたのですが、心臓という意味も込めてハートが刻印されているお医者様と結婚された先輩の結婚指輪の話を聞いて、結婚指輪の持つ意味にも興味が湧いてきました。

そもそも結婚指輪とはどうして身につけられる様になったのでしょうか?

結婚指輪の歴史というのは日本ではそんなに長いものではないそうです。

それは日本は和装が主であったことから、指輪の様なアクセサリを身につけるという習慣がなかったからです。

しかし、世界の結婚指輪にまつわる話を調べてみると、指輪というのはかなり古い時代から結婚の証をして用いられていた様です。

結婚指輪の始まりは、古代エジプト時代といわれており、その頃から左手の薬指にはめられていたそうです。

なぜ、左手の薬指にはめられてきたのか?といえば、それは左手の薬指に流れる血管が心臓を繋がっているから、心臓を愛と例えて、愛の証にその指が選ばれたそうです。

結婚指輪を贈り合うという交換の儀式が行われたのは、九世紀のローマ教皇だといわれています。

これは、書にも記されており、十三世紀あたりになると、結婚指輪の交換は一般的になってきたそうです。

日本では戦後に洋装が取り入れられるなど西洋の文化が取り入れられる様になってくると次第に結婚指輪の交換の風習ができたそうです。

長い歴史を思うと、日本で結婚指輪にそれぞれ二人の願いを込めるというのは極最近のことといえるのでしょう。

自分が結婚する時には、どんな意味を込めて結婚指輪を作ろうか、今からとても楽しみです。

2月
2016

世界で一つだけの結婚指輪のデザイン

結婚を決めて、結婚情報サイトや結婚情報誌を見ていると、たくさんの結婚指輪の写真が掲載されていてとにかくいろんな結婚指輪を目にします。

兄弟姉妹や会社の先輩などの話を聞いている時はそう難しく考えることもありませんでしたが、いざ自分が購入するとなると、どんな結婚指輪にしたらいいか迷ってしまいます。

どれも素敵なデザインの様な気もするけど、どれもどこかで見た様なデザインの様な気がするし、みんなが色々な思いで選んでいたと思うと、何となく決め手がないなと迷っていたら、彼がオーダーメイドにしたらどうかと提案してくれました。

オーダーメイドであれば、自分の納得するデザインで、しかも世界で一つしかない結婚指輪になるだろうと。

会社の先輩の様に特に知り合いにジュエリーデザイナーをしている人もいないので全く考えていなかったのですが、ネットで調べてみると、意外とオーダーメイドができるお店を見つけることができました。

中にはゼロから作るフルオーダーだけではなく、台座など既製デザインから選んで組み合せるセミオーダーの結婚指輪もできる様です。

予算もある程度決めてから、相談することもできるし、これから自分たちだけのデザインの結婚指輪ができると思うとわくわくしてしまいます。

提案してくれた彼に感謝。

オーダーメイドで結婚指輪を購入しようと考えている人は、お店のこれまでの実績をチェックして、どんなデザインをするデザイナーがいるかを知ると、自分の好みに近いお店選びができるそうです。

2月
2016

もしも結婚指輪をオーダーするなら?

結婚したばかりの会社の先輩の結婚指輪が素敵だったので尋ねたところ、デザイナーの友人が作ってくれたそうで、もしも自分が結婚する時もぜひオーダーの結婚指輪にしたいなと思いました。

結婚指輪といえば、既製デザインのものもかなりあるのですが、オーダーメイドにする時に気をつけることとはどんなことでしょうか?

オーダーメイドには、セミオーダーとフルオーダーの二種類があります。

セミオーダーの場合、オリジナルな結婚指輪が良いと思っても、なかなか自分たちではデザインが思いつかないという時におすすめの方法です。

セミオーダーは幾つかの素材とデザインのサンプルから選んで行き、組み合せて完成させて行くというカスタマイズするという方法の作り方です。

フルオーダーに比べて、一般的に時間と費用がかかりません。

ある程度デザインの方向性を決めておくと、イメージ通りの結婚指輪を完成させることができるでしょう。

フルオーダーの場合は、結婚指輪のすべてを自分たちで作り上げて行く方法です。

一般的に結婚指輪といえば、男性と女性のデザインはほぼ同じものになりますが、フルオーダーの場合はコンセプトを同じにしてデザインを変えるという様なこともできるので、実に自由なデザインを展開させることができます。

フルオーダーの場合は、予算とある程度のイメージを決めておくこと、そして最も重要なことは経験豊富な職人のいるお店を選ぶことです。

一般的に完成までに時間がかかるので、余裕をもって作り始めて行くことが大切です。

2月
2016

男性に似合う結婚指輪のデザインは?

結婚指輪を選ぶとなると、女性の意見が尊重されるものですが、実は普段アクセサリなど身につけない男性に似合う結婚指輪ってどんなものなのでしょうか?女性はついつい自分の好みを取り入れたいと思いますが、ここは男性にも気にいって大事にしてもらえる様に、男性の指とその指に似合うデザインを知っておくと良いのではないかと思います。

最近では男性でも華奢で白い指をしている人もいますが、基本的に男性は関節がでていたり、ごつい手をしている人が多いですよね。

ごつい指だと華奢な指輪はあまり似合わないはず。

女性の結婚指輪が華奢なラインであっても、同じデザインで男性側のは厚みを持たせるなどして重みのあるラインにすると、お揃い感も失われず、なおかつ指にあったデザインにすることができると思います。

関節が太くて指が細い場合、華奢なデザインだと、指輪が関節の太さに合わせてあるのでくるくる回ってしまいやすくなるだろうし、回ってしまう大きさの指輪は男性にとって付け心地も良くないし、仕事もしにくいなど良い影響がないので、浮かないデザインを選ぶ様と良いのではないかと思います。

また、指があまり長くないという人には、太いラインやストレートラインの指輪は似合わなくて見栄えもよくないと思います。

なぜならば、太いラインやストレートラインだと指の付け根が実際よりも上に見えるので、更に指が短く見えしまうのですね。

太いラインにしたい場合は、ウェーブやV字ラインなどで指の付け根を下に見せるとすっきり見えると思います。

2月
2016

結婚指輪は妥協しないで選びたい女心

結婚するとなると、やらなくてはいけないことや決めることはたくさんありますが、色々な人の話を聞いてみれば、結婚式であったり、婚約指輪、結婚指輪というのは主に女性の意見が尊重される様です。

男性に比べると、やはり女性の方が結婚に関するこだわりが強いのでしょう。

男性の中には「結婚指輪のデザインなんてどれも一緒でしょう」なんて言っている人もいそうですよね。

結婚に関する決めごとで、後々残る結婚指輪というのは、女性によってはかなり重要視している人もいるでしょう。

既に独身のころから憧れているブランドがあって、自分が結婚する時は絶対このブランド!なんて夢見ている人もいるでしょう。

実際に、三色のカラーゴールドでデザインされていたり、愛を封じ込めたデザインとなっている高級ブランドの結婚指輪はいつの時代も人気がありますよね。

高級ブランドの結婚指輪はかなり予算的には嵩みますが、やはりそれなりの価値があり、認知度も高く、知らない人がパッと見てもどこどこのブランドのだなとわかる、女性にはそのステータスみたいなものを求める人も少なくないのでしょう。

もちろん、海外の有名ブランドの結婚指輪というのはかなり高めのお値段で、結婚式などでお金のいる時に厳しいと感じてしまいそうですが、でも、一生に一度の大切な結婚指輪ですからね。

どこかの予算を削っても、希望している結婚指輪を選ぶというのは悪くないことかもしれないなと思います。